人気のある趣味・実用系資格【カラーコーディネート】

カラーコーディネート

私達の生活をふと客観的に見てみると、様々な色彩に囲まれていることがわかりますね?

 

色の配置の違いによって、人々はリラックスしたり、いらいらしたり、情熱的になったりします。
その色のコーディネーションを利用して、企業のイメージアップを図ったり、広告での購買アップに繋げたり、商品の販売アップに結びつけたりと、様々な用途で利用されています。

 

元々女性には、美や色に対する感性を持ち合わせており、それらをご自分の生活に上手く取り入れているので、カラーコーディネートの資格は女性にはぴったりの資格です。

 

ご自分のキャリアアップのために、広告や宣伝、マーケティングや営業、カラーコーディネーターとしてのお仕事で、コーディネーションの技術を活かしたいという方も、あるいはご自分のファッションやお化粧に活かしたり、ご自分のお部屋の模様替えに活かしたりと、プライベートの目的でカラーコーディネートを学んで、趣味を広げたり毎日の生活を豊かにしたいという方にも、お勧めの資格です。

 

カラーコーディネート


カラーコーディネーターの主な仕事について

カラーコーディネーターの仕事の一例として、下記のような業界や専門家としての活躍の場があります。

 

  • 化粧品業界
  • ファッション業界
  • インテリア業界
  • カラーセラピスト
  • パッケージデザイン
  • プロダクトデザイン
  • 空間デザイン
  • ブライダル関連
  • フラワー関連

 

カラーコーディネート

【カラーコーディネート】検定試験概要

カラーコーディネートの資格検定試験には、ファッション・インテリア・美容関係者が多く受験・保有している色彩検定(1級〜3級)と、デザイン・建築・流通関係者が多く受験・保有しているカラーコーディネーター検定試験(1級〜3級)があります。

 

資格名色彩検定3級
資格の種類公的資格
受験資格不問
試験時期夏期(6月)・冬期(11月)
試験内容・色の働き

・色彩調和
・色彩効果
・色彩心理
・色の分類と三属性
・ファッション/インテリアと色彩
などの、基本的な知識

試験方法マークシート方式
試験時間70分

 

 

資格名カラーコーディネーター検定3級
資格の種類公的資格
受験資格不問
出題範囲・色の性質

・色と心理
・色を表し伝える方法
・配色と色彩調和
・光から生まれる色
・色が見える仕組み
・色の測定
・混色と色再現
・色と文化
などの基礎知識と応用力

試験方法マークシート方式
試験時間2時間

 

カラーコーディネート