マイクロソフト オフィススペシャリスト[MOS]について

MOS

マイクロソフト認定資格は、マイクロソフト社のMicrosoft OfficeのソフトであるWord・Excelなどのアプリケーションソフトの操作スキルを証明する、世界共通の資格認定制度です。

 

マイクロソフト認定資格は、企業から求められている資格として、就職・転職にも有利であり、スキルは実際の仕事にも充分役立てる事が可能です。

 

マイクロソフト認定資格には、レベルの違いから、下記の2種類があります。

 

  • スペシャリスト(一般)
  • エキスパート(上級)

 

MOS検定座


マイクロソフト オフィススペシャリスト[MOS]検定の特徴

マイクロソフト オフィススペシャリスト[MOS]検定試験の特徴として、下記の事柄があげられます。

 

  • 試験は実際にアプリケーションを操作
  • 合否は試験終了後すぐ発表
  • 試験が分かれているので、普段使用しているバージョンで受験可能
  • 世界各国・地域で26言語の試験が実施されている共通の資格認定制度
  • 試験は毎日実施

 

MOS検定座

【マイクロソフト オフィススペシャリスト[MOS]検定】試験概要

資格名マイクロソフトオフィススペシャリスト[MOS]
資格の種類民間資格
受験資格年齢・学歴・国籍等に関係なく、誰でも受験可能
試験方法*全国一斉試験

インターネット・郵送などで申し込み後、指定された日時・会場で受験
毎月1〜2回(原則として第1・第3日曜日)

 

*随時試験パソコン教室など、指定された会場で受験

各会場が日程を設定し、申し込みを行った試験会場で受験
申し込み方法等は、各会場によって異なります

試験内容&レベルWord・Excel・PowerPoint・Access・Outlook等

Windowsマシン使用による実技試験
(PowerPoint、Access、Outlookは、スペシャリストレベルのみ)
「スペシャリストレベル」
基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書や計算表などを作成し、その変更・印刷等の作業が可能
「エキスパートレベル」
基本的な操作方法を十分理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・データの有効活用等の高度な機能を駆使した作業が可能

試験形式試験会場に用意されているパソコン使用の実技試験
問題数約15〜25問
試験時間50分
受験料スペシャリスト:10,290円

エキスパート:12,390円

 

MOS検定座